早めに検査したい|尿漏れのトラブルを改善し健康な毎日|ふとした瞬間の悩みも安心

尿漏れのトラブルを改善し健康な毎日|ふとした瞬間の悩みも安心

ナース

早めに検査したい

看護師

梅毒を完治させるには、早期発見と適切な治療が必要になります。そのためには、まず検査をすることが肝心となります。梅毒の検査内容を確認する前に、その特性を確認してみましょう。
梅毒とは、トレポネーマ・パリダムという物質が体内に侵入し発症する病気です。その侵入経路は性行為によるものがほとんどです。オーラルセックスでも感染してしまうことがあるので注意が必要です。この梅毒を検査する方法として挙げられるのは大きく分けて二種類です。それらについてお伝えします。
まず挙げられるのは、病原菌を直接検出する方法です。病原菌は病変箇所から取得します。顕微鏡を用いて、取得した病原菌を確認します。硬結が見られるような位置から取得するため、ある程度症状が発症している際に用いられます。その方法は、梅毒トレポネーマと呼ばれています。
もう一点挙げられるのは、抗原を用いて検出する方法です。これにはいくつかの種類があります。まずお伝えするのはガラス板法と呼ばれる検査であり、これは抗原と血清を混合させ反応を見るというものです。もう一点はFTA-ABSと呼ばれる方法であり、これはトレポネーマ・パリダムに対する抗体の反応をチェックすることで感染を確かめるという方法です。検査の際に抗原を用いるこれらの手段は、梅毒検査において有効とされています。これらの検査を用いることで梅毒を検出することが可能です。詳細については各クリニックに問い合わせることで確認することができます。検査により梅毒が認められた際には、適切な治療が求められるでしょう。